最短でお金を借りるために消費者金融を利用するメリットとデメリット

キャッシングを最短で受けるには

消費者金融は他の貸金業者よりも審査が甘い傾向にあるため最短で30分と急いでお金が必要な人にとってはその日中にお金を手にできるのが最大のメリットだと言えます。
少額の利用であれば申込の際に必要事項の記入と身分証明書の提出だけで済み、家族や会社にばれることもありません。

 

また申し込みもインターネットや携帯電話でできるようになり、返済もコンビニや無人契約機などから行うことができ便利になりました

 

このように急いでお金が必要な人にとってはメリットの多い消費者金融ですが、デメリットもあります。

 

まず他の貸金業者よりも審査が甘いと言われている分金利が高くなる傾向にあり、返済期間が長くなるほど利用者の負担額も増えていきます。

 

キャッシングを最短で受けようとして受けすぎる

またその気軽さから何度でも借り過ぎてしまうことも考えられます。
日本では消費者金融は「総量規制」という法律により年収の1/3以上借りることはできなくなりました。
総量規制により借り過ぎは防ぐ事ができますが、新たに借入ができないことから債務整理を行わなければならない事態にもなりかねません。

 

ほんの少しのお金を借りることで精神的にも楽になることは十分考えられますが、その少しのお金が膨れ上がらないように計画的に利用するようにしましょう。

キャッシングの審査には最短でどれくらいで通過できるの?

キャッシングは最短どのくらい?

以前と比べると最近ではキャッシングに申し込んでから審査結果が出るまでの時間が短くなった所が増え、急いでお金が必要な人にとっては便利になりました。
ちなみに貸金業者と言えば銀行や信販会社などが思い浮かびますが、中でも消費者金融は審査時間が短い傾向にあるようです。

 

インターネットで調べてみると申し込みをしてから最短30分ほどで審査に通過する所があるとされていますが30分は稀なケースであり、2時間程度はみておいた方がよいでしょう。
もちろん個人の条件や申し込みする時間により申し込んで当日中か次の日までには審査結果が出る所が多いです。

 

キャッシングは最短で借りられるお金

とにかく早くお金を受け取りたい場合や銀行口座にお金を振り込んでもらう場合は午前中の早い時間に申し込まなければなりません

 

一方で銀行や信販会社は審査が厳しいと言われていますが、一部の銀行では14時までに申し込みをして必要書類の準備を整えておけば当日中に借りることができる所もあります。
この一部を除いては申し込んでから審査結果が出るまでに1週間程かかるとみておいた方がよいでしょう。

 

それでも金利は低めに設定されているのがメリットであり、お金を受け取るまでの早さか、金利かは必要に応じて選びたいものです。